重要な第1層目

初めてのプリントをする前に、第1層目をきちんとプリントする事の重要性について話すことはすこし遠回りする価値があります。多くの人が試行錯誤しているように、もし第1層目が出来得る最良の状態で無ければ、剥がれや反りなど完全な失敗をもたらします。 それらの現象を最小限に留めるために気をつける幾つかの方法と推奨があります。

水平なベッド

水平なベッドであることは極めて重要です。ノズルの先端とベッドの距離が少しでもずれていると、(ノズルが近すぎて代わりにベッドを削ってしまうので)材料がベッドに横たわらないか、材料がベッドから高すぎる位置で横たわり適切に接着しないという結果をもたらしてしまいます。

より高い温度

エクストルーダーのホットエンドとベッドを加熱するのであれば、プリントされる材料の粘度を減少させるために第1層目は温度を高くします。だいたい5度高くすることを推奨します。

より遅い速度

第1層目の速度を下げることは溶解して出てきた材料に作用する力を減少させ、過大に引き伸ばされたり正しく付着しない現象を少なくします。標準の30%か50%の速度を推奨します。

正確に調整された押し出し速度

もし多すぎる量の材料が敷設されると、次のパスでそれを引きずってしまうでしょうし、それは(特に材料が冷却されていると)ベッドからの剥離を引き起こします。 第1層目の材料が少なすぎると、プリントしているうちに剥がれや反りを生じさせる結果となります。そのような理由で、”キャリブレーション”の項で推奨したような十分に調整された押し出し速度にすることが重要です。

第1層目の高さ

層の高さが厚いとより多く押し出され、その結果多く加熱されるので、押し出された材料はベッドによりしっかりと付着します。またベッドの水平度への耐性を高めるという利点もあります。例えば0.35ミリのノズルに対して第1層目の高さを0.35ミリとするように、ノズルの径に対して十分な第1層目の高さで立ち上げることを推奨します。注:シンプルモードでは第1層目の高さはこの方法で自動的に設定されます。

太さのある押し出し幅

より多くの材料がベッドに接するとプリント物はよりしっかりと付着します。これは第1層目の押し出し幅をパーセントか固定値で増加させることによって達成することが出来ます。押し出しの間隔は適宜調整されます。

おおよそ200%という値が一般に推奨されますが、その値は層の高さから計算されるので、層の高さを大きく設定出来る時だけ設定すべきであるということに注意してください。例えば、もし層の高さを0.1ミリにして押し出し幅を200%に設定すると、実際の押し出し幅はたったの0.2ミリとなってしまい、ノズルよりも小さくなってしまします。これは押し出し量が少なくプリントの失敗をもたらします。従って上記で推奨した第1層目の高さとこれを組み合わせることを強く推奨します。第1層目の高さを0.35ミリとし押し出し幅を200%と設定すれば、0.65ミリ幅と十分な太さになる結果となります。

ベッドの材料

ベッドに使用する材料はたくさんの選択肢があり、平らな表面を準備することが第1層目の付着を大いに高めます。

PLAは寛容でPETテープやカプトンテープ、マスキングテープで十分に機能します。

ABSは少し難しくPETテープとカプトンテープの上でプリントする事が出来ます。プリントする前にベッドにヘアースプレーを吹き付けると成功したという報告もあります。他には(ABSをアセトンに溶かして作った)ABSスラリーを薄く塗ることで付着性を持続させることが出来るという報告もあります。

冷却しない

上記の事に関して、第1層目の温度を上げることや、ファンや他の冷却機構を使う意味はありません。最初の数層ではファンを止めておくことが一般的に推奨されています。


このページは下記のサイトを日本語に翻訳したものです。
This page is a translation the follow site in Japanese.